就職活動する場合に注意が必要な求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで…

看護師|転職のため仕事探しをする際に特に注意したほうがよい求人の募集内容…

  • 転職するため仕事探しをする際に注意したほうがよい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長めのものです。こういった案件は、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合がとても多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、例えばですが、30時間、45時間というように求人の記載内容に時間が併記してあります。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、事前に給料形態に残業代を組み込んで計算しておくというものになります。(なお、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代50時間込』と表記される求人であれば、「書かれた時間分の残業代も含めてこの給料がもらえます」ということになるわけです。でも、悪質なブラック系の求人では記載しておくべき『みなし』という言葉がないこともザラですのでよく注意をしておきましょう。
  • 看護師|転職候補に挙がっている会社での会社見学に参加するとたいへん参考になります。

  • 転職先の会社見学ができれば、たいへん参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」さんがいる会社では、職人技を間近で見られるので楽しくもなります。しかし、残念ながら「職人」がいる会社見学は、間違いなく見学者には、本当の働き方を見せてはくれないものです。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。個人のクセが反映されやすい業種なので、入社してみないと、本来の姿は伺えないものです。なので、仕事=見学内容と思わないことがたいへん大切です。さらに、会社見学の時に仕事体験できる会社は、問題があるので正直言って、言語道断です。入社していない段階では何かあっても、それに対する保障は一切ありません。仮に、勧められたとしても角が立たないように断りましょう。
  • 古来より日本には「石の上にも三年」といわれる諺もありますが…

  • 昔から”石の上にも3年”というコトワザがありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、終身雇用制は死語になりつつあります。「転職」は当たり前になりつつあります。ただ、当たり前に転職が可能だと思い込み安易にそれを選択するのは考えものです。転職しようと考える場合、適した時期というのも有るでしょう。最初に、現在の職場・仕事について具体的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと強く感じていることを、およそ10個、探してみてください。其れによって再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、できるだけ手早く、よりキャリアアップできるように、取り組むことが大切です。
  • 『転職をしたい』とおもっている方、自身の意志が本当に強いものであるな…

  • 『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら、速やかに自分の上司にその旨を伝えましょう。このときに相談といった形で話を持ちかけると、言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。また、実際に私も上司へ転職の相談をしたのですが、ズルズルと長引き結果的に、半年ほど予定が伸びてしまいました。退職することをはじめて直属の上司に相談したのが年度末で、実際では退職を受け入れられたのは同年11月です。本来、年度末を区切りにしたかったのに、思ったとおりにはいきませんでした。やはり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、社員の意見を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでさすがに心の底から愛想が尽きました。
  • 看護師|社会的な転職事情ですが、今の安倍政権によって、アベノミクス…

  • 社会的な転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」や「三本の矢」などの経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による金融政策と相まって、財界や民間企業間においても新時代となる変化が増加しつつあります。その変化の中で、企業のあいだでも今度は労働人口の減少による「人材不足」が深刻な社会問題になっています。ここ何年かの間で外国人労働者を増やしていくつもりでいると安倍政権は方針として掲げています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化のなかで、国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるのは確実でしょう。