看護師|転職候補となる採用面接では、勘違いしている人が多いので…

看護師|転職を成功させるための面接でのよく思い違いがあるのです…

転職の際に必須となる会社での面接での多数のひとが思い違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまり度を超えた猫かぶりは、残念ながら採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうなる前に例に挙げるならば面接時は、「産休」などの、通常はかなり質問しづらいことを勇気を出し率直に聞いておくと間違いなくあなたのためにもなります。実際には「面接の段階でそのような質問をすることで選考結果に不利になるのではないか」と不安になる人もいるかもしれません。けれど、意外と良い結果をもたらす可能性が高いといいます。こういった「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実のところ、多くの人が気になっています。しかし、多くの人が気を遣って普通は質問できません。けれども、ほんの少し勇気を出して質問することで「言うことはちゃんと言える人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。

転職先を選ぶ際、仕事のやりがいのアップと一緒にそれだけでなく…

転職をするならば、もちろん仕事のやりがいアップも大切だけどさらに収入アップも大切なポイントになるから「年収サイト」というところに登録をしていろいろと研究をしています。全く同じ会社で加えて全く同じ職種、経歴なのに人によって広い違いがあることも複数あり、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした方もそのサイトをチェックしていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた者も誰であるのかそこそこ察しがついてるのですが、多分格好をつけてるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。

看護師|将来転職活動をされるなら、気になった求人(または業界・・

将来転職活動をされるなら、気になる求人(あるいは業種)を見るたびに絶対「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索したほうがいいです。求人票や転職サイトの担当者から入ってくる言葉からは、その業界のマイナス点は、教えてもらうことは不可能です。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索を通じて本来の姿を理解できるでしょう。そのような検索をしないまま、入社すると、あとになってガッカリしてしまうおそれがあります。だいたいその求人が出ている理由が、「仕事の内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」ということも多くを占めるため、目に留まった業種について、しっかりチェックしたうえで応募しましょう。

とある古物商にて、書類審査を通過しました。その後先方から面接の日時を指定してもらいました。

とある古物商にて、書類選考に合格しました。2、3日して面接の日時について担当者から連絡をもらい、しかし、当日、指定された場所へ行ってみると、どうしてか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、非常にけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接を終えました。が、2週間後と言われた結果の連絡がまったくもらえず、いてもたってもいられず、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、ですが、これも届かずそんなわけで再度連絡をした結果、驚くことに、「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話を切られました。呆れ果てて言葉を失いましたが、採用されなくて良かったと感謝しています。

近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。

今日、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。あなたに特許を取った経験があるなら、連絡が来やすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人のほかに、「研究開発論文」を発表した人や、マスコミで紹介されている人など、「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと考えられる勧誘をされた場合は、心当たりを考えてみてください。稀にヘッドハンディングと言いながら、登録料を要求してくる会社もありますが、そのような業者は確実に詐欺なので、無視しておくのが無難です。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が払う必要などありません。