看護師|転職サイトはよく知られたサイトであるほど掲載される案件の量も多いので、…

看護師|転職サイトは大手のサイトであるほど多くの求人情報が掲載されているため・・

「転職サイト」は、大手が運営していたほうが多数の案件が掲載されているため、興味を引く2~3社を、ともかくサイトに登録し、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、次に条件に適合する求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることが可能です。しかし、最初だけは登録するのに幾分か労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をしっかりと作成しておき、それらをテキストアプリに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら、登録を進めると楽になります。登録の初日は、少し時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、その後は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、次回以降応募するときのことを考えれば、初めの準備をしっかり行うことを心がけるのが得策です。

看護師|新卒で入社した会社を退職し、悩んだ結果、転職すると決意しました。

新卒採用で入った会社にお別れをして、思い切って転職を決意しました。当初はかなり将来が不安でした。新卒で入った会社を数年で辞めて、中途採用として働いている人が大半であると自らの転職活動で理解し、いつの間にか安心しました。また転職を経験したことによりふしぎなことに体が軽くなったようで、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに毎日が見違えるように変化しました。いまだに「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といったような転職する行為を咎める意見もありますが、それが正しいとは限らないと感じました。私自身、転職を決断してよかったと心の底から思っています。

今までの私は、「転職サイト」を活用するより、主に「ハローワーク」が中心でした。

前は新たな仕事を探す時は「ハローワーク」に通っていました。というのは、大手「転職サイト」は、特性上、都心の求人しかないからです。そのために、求人を探す時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。もちろん、掲載されている企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、古くから地域に貢献している企業もあり、都会以外での転職には役立ちます。しかし、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするという先入観がある方も多いかもしれません。理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、数年以内に転職を予定しているのなら、ハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。人気の転職サイトみたいにこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。

看護師|失業保険の給付を受けたことがない人は、何もしなくても給付されると考えている人・・

過去に失業保険を受けた経験のない人は、何もしなくても給付されると考えている人が多数派ですが、それは正しくありません。実際は、希望通りに受け取るためには、「就職活動」をしていないと駄目で、さらには、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月ごとにスタッフに求職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していることを信じてもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。残念ながら、真剣に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月のスタッフとの面談に参加しない場合は、ルールとして給付の一時停止に至ったり、ときにはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるので注意しておきましょう。

看護師|転職というものについて考えた場合、転職後の自分の給料について気にする人・・

転職する場合、転職先での年収を気にしすぎる人が案外多くいるでしょう。もちろん大多数は仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を得るべく仕事しているのはずです。したがって年収は自分自身の評価でもあるので当然大切なものであることは至極当然です。ですが、あまりに年収というものに異常にこだわりすぎる人生というのも考え気がするでしょう。この世には年収に反映されない仕事であっても精神的な充足感を得られることはゼロではないからです。