就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接の際、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソはバレてしまうからです。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、今の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。もし、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが得策です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社した会社を退職に追いやられる事態になることもあるので、注意しましょう

就労中は可能であれば、同僚にバレないように(自身の転職活動…

就労であるのなら、可能なかぎり内密に、(自身の場合)在職中に転身の気持ちだけを活動初期の段階で社内の人間に仄めかしてみました。けど、それから、求人誌を探してみたものの、働く先や転職時期も無鉄砲に決まらずズルズルと時が過ぎてしまい、その傍ら、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、退職日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たあと、次の就職先を探す流れになりました。

今、私は派遣会社を通じて働いています。

今、私は派遣会社に登録をしています。サイトの中でふと自分に合っていそうな仕事を見つけて応募したい旨を伝えると「そのお仕事はもう別の方の採用が内定しています」と断られ瞬間的にサイトから仕事の情報が消滅するのですが、どういうわけか翌日にはもう一度載っています。ということは要するに私ではよくないのだということですよね。それならカドが立たない程で正直に言ってくれるといいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。それともまた偽りの仕事なのでしょうか?

看護師|私は20代のうちに転職を2回ほど経験して、そして今、…

20代に転職を2回経験し、現在、複数の資格をとるために、「派遣社員」を選択しました。フルタイムの勤務とは違うので手取りは安くなりました。しかしその分、前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生のうちに資格を手に入れて、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。実際にそのような人を見てしまうと少し羨ましさを感じてしまいます。これまで、うまくいってる人と自分とを比較して、悩みだったのですが、現在では結婚して随分と生活そのものが大きく変化し、前よりも明確な進路ができて自分の人生に満足できるようになりました。

勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していたのです・・

自らが転職を考えていた時期にかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーのレベルに関しても驚くほど多様でほとんどの場合、いまいちなアドバイザーばかりでした。私とっては大切なことなのにもっと真摯に向かい合ってほしいという欲がいっぱいになり、それがきっかけで自分がキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。資格を取得するのは支出が増えましたし資格取得のための勉強においても大変ですが、求職者から頼みの綱とされるような存在になるために頑張っています。