看護師|転職のための活動を成功させるには、なにはともあれとにか・・

看護師|転職の活動中はとにかく、まず何よりも自分自身の心が慌てない…

転職をする活動を行う際は、なにはともあれとにかく自分の心のうちが沈着であることをとても重要視したいものです。今の会社で働きながら転職の活動をしている場合、たいして気にしなくても良いですが、退職してしまってからする場合だったら、心のうちが焦燥感が出るものです。そういった点を理解し、冷静に活動を続けましょう。今後、自身でやってみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを明確にしておき、そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致しているか、落ち着いてしっかりと見極めてみてください。しっかり考えることで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

これから転職予定がある人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、…

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておきましょう。この手当てはあなたが働いている所属する会社がしっかり「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば必ずだれでももらえます。手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、3か月の待機期間があるのですが、企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れることもあります。支給される「失業手当」の金額については、辞めた月の給料を基準に支給する額を計算されるため、繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

女性が転職する時、一昔前と今日とでは若干の変化が見受けられます。

女性の再就職において、数年前と近年とでは若干の違いがあるようです。かつては面接の場で会社側から、未婚者なら結婚の予定などについて、ごく当たり前に女性たちへ質問していました。でも、今現在の流れとしては、そのような内容は、セクハラと企業側が捉え、質問をしない企業、が当たり前になりつつあります。特に大きな会社の場合は、この手の質問をNG質問として神経質になっているといいます。そうではあるものの実際、面接する側はYES・NO、で返答するのではなく、その人の姿勢結婚後も働きたい、出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、把握しておきたいとは思うはずです。あなたの将来設計をわかっておいてもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと一緒に話すことで面接官にもしっかり伝わり、安心してもらえると考えられます。ですので、たとえ、質問されていない箇所もあなた自身から会社にとっては必要な情報と捉え、話を進めていきましょう。

看護師|再就職の面接などの場面で名刺を手渡されとしたら、あなたも相手の方に名・・

転職での面接などの時にもし面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、あなたも名刺を相手に渡すべきであるのかどうかと悩んだ際は、ほとんどは差し出す必要はないと理解しておいてください。面接とは仕事ではなく、職に就くための採用活動の一部なので、ほとんどは名刺をやりとりする時ではないのです。また、あなたは会社の人として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。それゆえ、相手から名刺を差し出されても、こちらにおいては、ただもらうだけでよくて、面接担当者に相手の方にあげる義務はないと判断できます。

長期間接客関係で仕事をしてきましたが、年齢的に立ったお仕事…

長年にわたって接客業で仕事を続けてきましたが、歳をとると共に座ることのできない仕事は体力的にきついため、事務の仕事への転職を志して行動を起こしました。事務が未経験だとなかなか難しくて、だから接客の経験が役に立つ受付兼医療事務を目指そうと考え資格を取得して個人クリニックに転職することができました。周囲は超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係に関しても難しい。いつも夜の勤務を押し付けられて、接客業をしていた時より帰りも遅いのですが、初めの頃はキャリアを形成する時期と思って仕事を続けます。