看護師|クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接に行くときには…

看護師|クールビズのスタイルで転職の面接に行く際には、ジャケット…

  • クールビズ(軽装)のスタイルで再就職の面接に行く場合、ジャケットは着用しなくても安心であるとはっきりと言い切れますが、ネクタイは着用して面接を受けたほうが悪い印象を与えることがありません。ネクタイもする必要ないと思っている会社も存在する確率もなくはないです。ですが、ネクタイに関してだけは例えクールビズが推奨されていても身だしなみとしてつける必要があると思っているところがある程度存在します。なので、例えクールビズ(軽装)と言われていたとしてもネクタイは必ず着用していった方が良いということを知っておいてほしいです。

  • 求人関連の広告には、多くの職場では月にもらえるお金の記載に目が行きますよね。

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合は普通の会社では月にもらえるお金等が記載されています。ただしこの部分を確認する際は、注意深く確認する事が必要です。その額の多い少ないだけを見て納得しないほうが良いです。というのは案件によっては、月収の額の内訳で「毎月30時間分の残業」が条件になっているかもしれません。それは残業代の金額を含めて魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしていることも珍しくありません。そのほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあったります。ですから、そういった「不誠実」とも取れる詭弁を弄する案件には近づかないほうが良いでしょう。

  • 再就職して仕事先を新しく替えるということは、自分に・・

  • 再就職で職場を一新するということは、自分に見合った再就職先に転職したいものです。職場を変えれば適した仕事に出会えるかもしれません。しかしながら、実際に行動する場合は、即戦力となりうる能力を持っていないと、転職自体がままなりません。言い換えると、あなたのスキル次第で天職に就くことができる可能性も広がる、ということです。今は、「職業選択の自由」が権利として受け入れられているので、退職して転職しても偏見を持たれてしまうリスクもありません。事実、終身雇用が死語となりつつある今は、「使える人材が欲しい」と希望する企業もだんだん増加しているので、今の良い時期を活かしましょう。

  • 看護師|転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。担当者から「転職の理由は何ですか?」と必ずと言っていいほど訊かれます。その場合、どんなにあなたが間違っていなくとも、前の仕事場での「人づきあい」「働く環境」に関しての不満ともとれる返しは、意識して話すのはやめておきましょう。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、採用されるチャンスをふいにしてしまいかねません。面接時にはポジティブな発言が大事で、あくまで「新しい職場で、これまでの自分のキャリアをしっかり生かし、真面目に取り組んでいきます。」のような未来志向での返答が良い印象を持ってもらえるのです。

  • 一昔前の求人情報には、性別が当然のように書かれていました。

  • 一昔前の求人誌では、雇用側が求める人材の「性別」が当然のように記載されていました。ですが現在では、男女雇用機会均等法が施行され、雇用する際、男女差別がしてはならないルールとなり、応募資格の詳細に男女の性別を記載しないようになりました。でも、求人募集をしている企業は、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実に、実際は男性を欲しい業種に女性が応募してきたり、逆に女手が欲しいのに、男性がエントリーしてきたり、といったような問題が起こりうる可能性があります。もしも、「女性が活躍している職場です」の記載がある場合、雇用側が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうが良いでしょう。