新しい企業がいいと転職活動中のときの場合には「少しでも早…

違った企業がいいと転職で活動しているときの場合は「早く、…

  • 職を変えたいと転職で活動している人の大半は「できるだけはやく、内定(採用通知)がもらいたい」と思ってしまいがちです。しかしながら、そういう気持ちで通知が得たいばかり、自分自身の能力を高く偽ったり、あるいは対称的に自分を安売りするような売り込みをするのはぜったいにしないようにしましょう。焦燥感をブレーキを掛けて、冷静に客観視しつつ、自分にふさわしい職場を探すことに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活用できるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を見極めましょう。
  • 看護師|看護師というのは資格としてやはり女性の割合がすごく大きい…

  • 看護師というのは務めとしてどうしてか女性比率がかなり大きい職です。加えて、気力や体力のひどく消耗が激しい特徴もあります。とうぜんのように職場の人間関係がうまくいかなかったり、結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり難しい仕事ともいえます。実際、そういった問題によって転職される人が多いというのも事実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっているのです。最近は特に、各医療機関は、看護師を募集する「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。
  • 看護師|仕事を変えた際には、高確率でそれまでの仕事はたいていは美化された記憶となります。

  • 仕事を変えると、大体の場合、以前の仕事の大方の出来事は美化されます。実を言えば現在の仕事内容に納得できない点があるから、そういった思いをどうにかするために、せっかく再就職すことになったのに、過去を思い返すとなぜかわからないけれど新しい会社よりも「前の仕事のほうがよかった」と思い始めるのです。それというのは当たり前で、以前の職場では業務に慣れていて今よりも楽に与えられた業務もこなせていたのが、根底にあると思います。その一方、「転職なんてしないほうが良かった」と本気で思うほど、前の仕事の方が職場環境や人間関係が良い事も考えられます。
  • 看護師|転職先を探している期間は、自分の好きなことに打ち込むことに加え、…

  • 転職先を探している間は、趣味に時間を費やしたり、体力の低下を招かないようにしておくと良いと思います。勤務先が見つかり、復帰した時に、趣味に興じていたおかげで気付かない間に集中力が高まります。また体力アップが図れていることで、その場の社員と比較すると疲れない身体になっている、と自覚します。そんなわけで、退職してからの生活は、自分の好きなことに没頭することと、体力をアップさせる努力をしておいて損することはありません。転職後、その職場であなたと同じ趣味の方と巡り会えれば、仲良くなるキッカケになるので、好きなことをとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 転職活動中に、面接のときに高い確率で尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動を行っていると面接時に高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、正直に話しても差し支えないですが、転職理由についてありのままに伝えるのは問題です。例をあげれば給与が納得できないことや、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、あまり良い内容ではありません。自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に関心を持ちやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して不満を言うのを回避する方法として、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そしてさらに、この会社に入社してこんなことをしたい、5年後、10年後はこんなことがしたい、そのために御社に応募しました、と志望動機に話をすり替えるのが正解です。