転社を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。

転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 転職を繰り返さないためには、コツが要ります。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返しません。ネット社会の今では精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。また、転職以外の行動によっても、精神を鍛えられます。オススメは、ズバリ「外国に行くこと」です。海外旅行に行くと、文化も生活習慣も違うことばかりなので、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの方法といえます。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に行けば、今までの面接とは違い自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。しかし、退職して間もない頃は精神的に弱っている人が多いので気力回復のために休暇も必要です。
  • 転職を行うにあたっては、最初に、求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たりして…

  • 転職をするとき、始める前に、求人雑誌を閲覧したりして転職したい会社を調査するでしょう。しかし、当該会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントから指導を受けている場合が少なくありません。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す特徴があります。たとえ公開したとしても遠回しな表現に徹します。その種のコンサルの影響が色濃く出た、社長社員に関連する情報はそれをすべて信じるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。仮に額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「こんな話じゃなかったのに・・・」と気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、様々なイチャモンをつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。ブラック企業では、このようなことが多いです。
  • 働くのに派遣会社に登録する人が近時増加しています。

  • 派遣会社を通して働く人が近頃は増える傾向にあります。派遣先から支払われる一時間当たりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に支払われるのかを極力面接の際に聞いておくべきです。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その対価として手数料をもらうシステムと考えることができますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが少なくありません。50%以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、酷い会社では、3割しか労働者に還元しないということも多いといえます。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できる限り別の派遣業者で登録されることをオススメします。
  • シフトの仕事についての話なのですが、決まった曜日に勤務できる人を募集する求・・

  • 「シフト制」のある仕事についてです。毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと思っているならシフトの出し方、休む方法については、面接時にたずねておいた方が良いです。私は過去、産休で抜けた人の代役として、正社員の仕事についたのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。前任の女性が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」とお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。振り返ると本当に異常な職場だったんだと思います。
  • 昔働いていた会社でのことですがつらく当たる上司に悩まされて、…

  • 勤務していた会社ですぐにきれる上司に悩まされ、ついに我慢することができなくなりその会社は辞め、別の同業者の会社に転職をしました。そこでは気分よく働くことができてとても満足の日々でしたが、少しずつ会社の業績が悪くなって、ある会社に経営統合されることになりました。そしてその経営統合した先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、加えて転職のきっかけとなった上司がもう一度私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。言うまでもありませんがまた転職をしようと活動を始動しています。