看護師|現在の自らの職場や業務の中身について何かしらの不満点があるはずです。

看護師|今現在のあなたの勤め先や仕事内容に対して、何かしらの不満点があるはずです。

  • 今現在の勤め先や業務内容について不服に思っていることの中に、「自分の持っているスキルや仕事での能力を正確に評価してくれない」ゆえに、「報酬は増えず、将来的な昇進もまったく期待できない」といった不満を挙げる人が多くいます。とはいうものの、そういった悩みを持っている人の中には、自らの本来の実力を実際よりも過大評価し過ぎていないか、再確認することが不可欠です。もしも、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をすると、「この求人では、自分を活かせない」と転職活動がうまくいかないおそれがあります。経済的に生活困難に陥る可能性もあります。ですから転職活動をスムーズに行うためには、自身の能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。
  • 看護師|職場環境が原因で回復が難しいほど心的な負担が大きくなり・・

  • 仕事のなかで回復が難しいほど心的にかなり厳しくなり、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、職場の人に相談するよりも家族などの近しい存在の人と話して、退職するかどうかの判断をしてみましょう。なぜならば、仕事をするということは当事者であるあなた自身のためでもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。毎月、納得のいく高い給料を得たとしても、メンタル面がボロボロになるまで我慢して働きつづけるのは、良いことではないはずです。今の時代は、物質的な豊かさよりも、働きやすいことを優先する生き方も徐々に増えつつあります。あなた自身の身内や、あなたの心と体の健康を考えていきましょう。
  • 今日では、ブラック企業がメディアで注目されたりし…

  • 現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳罰を処する流れにありますが、完全とはいえません。なので、事前に面接で「ブラック企業」かどうかを見破れる方法があるので覚えておきましょう。はじめに、求人票などの労働条件を事前に調べ、それらの項目ひとつひとつについて堂々と質問しましょう。相手がブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、あるいは、その場で答えられなかったりはぐらかしをしてくるはずです。特に「給与」「残業」「休日」においては、質問を続けていく中で、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも迫ると、ふてくされたかのような態度を見せるので、化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、少しでもおかしいと感じたら、その会社に入社すべきではありません。
  • 看護師|もしもあなたが、転業を決意したのなら、徹底的に会社に・・

  • 仮にあなたが、転身を意思を固めたなら、徹底的に会社にはこっそりとその気持ちを悟られないように、うまく転職活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、周囲に気づかれないように普段どおりに業務をこなしていくのがたいへん無難です。現職中、この状態を維持していれば、仮に条件にあう働き先が見つけられなくても、転職予定を引き伸ばしながら、今の職をそれまで通りに残っても何も問題ありません。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人は、それに合わせて対応します。「辞めるつもりです」と言った場合、同僚からは「あの人はもうじき退職する」と広まります。そのような状況になってから、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中、立場が悪くなる思いををするリスクもあるでしょう。
  • 全く経験したことのない業種とかに転業したいときには…

  • 全く経験のない業種などに転職を行う際は、前の会社で培ってきた力や経験したことを発揮できるという内容の訴えが必要になります。その業種で経験をしたことがないという人はその分だけその業種で働いたことがある人よりも損にはなりますが、自分が保持している力がその業種でも十分に発揮できるということを相手に言えば、戦えることも出てきます。という訳で、未経験である業界にチャレンジする場合は、その業種とこれまでに自分がしてきた職務内容とのつながりを可能な限り見つけ出してみましょう。