看護師|こうした話は兄の友人の話です。

このような話は兄の友達から聞いた話です。

この話は従兄の友達の話です。新卒でなにがなんでも就職したかった憧れていたA社で行われた最終の面接で不採用となり、その先不本意ながら他の会社に就職しました。それから約1年半後派遣の求人サイトをチェックしていた時奇遇にもA社の紹介予定派遣の求人が目に入り、気持ちを抑えることができなくなって当時の会社をすぐ辞めて、A社で派遣就業を開始、死ぬ気で頑張ってそれから先幸運にもA社で正社員登用され、今はやりがいを持ちながらいきいきと仕事をしています。

自身のスキルを有効活用しつつ、就職活動する場合、転職し易い業・・

自分のスキルや資格が有利にはたらくように就職活動したいと思っているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルとそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を知っておくことは大切です。再就職がむずかしくないジャンルは、常に人手不足になっている医療・介護業界が代表例といえます。医療・介護の職種では看護師、介護士の「資格」が必須であるため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていてとある事情によって他業界に転職したいと思っているなら、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、スタッフの流動性は決して高くはないのです。したがって、容易に考えない事が必要です。再就職を本気で考えるのであれば、異業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので気をつけましょう。

私たちの労働環境は、将来一段と単純な仕事は機械化が進・・

今後の社会ではみるみるうちに短絡的な仕事は機械で処理されるようになっていき、その移り変わりによってマンパワーはカットされていきます。というのも、単純労働では、人よりも機械を稼働させたほうが数段に利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同じ動作を延々とリピートしたりすることは機械では当然何の苦もないのです。もちろん人間とは違って文句も言わない、ペースが変わらないし、インチキをすることもないし、正確に作業してくれますし、均一化できるメリットもあります。加えて、賃金を渡す必要もありません。労働力として人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械に移行していくのも無理もありません。

あなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」にお…

再就職を考えたとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと考える人も多いです。最近では転職サイトをうまく活用すれば、地方の求人もいつでも閲覧できるようになりました。ですが、郊外や地方での求人情報では、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、求人情報サイトを使用するのは当たり前ですが、転職サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもまめに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する就業サポートの情報も確認しておくとよいでしょう。

失業時、給付してもらえる「失業保険」は、失業しているあいだが給付条件となります…

失業したときに受け取ることができる失業保険は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、給付期間が無限に続くわけではありません。離職時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月とか1年と決められるのですが、なんとこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限りもらえると思い込んで仕事をすれば失業保険をもらえなくなるから損だと考えて仕事を探さない人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから慌てて就職先を探し始めても好条件の仕事を探すのは困難です。会社の面接担当者が馬鹿でない限り、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」位はそこそこわかるはずです。ときには、面接時にそのような質問を食らう可能性もあります。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、受かりません。