お見合いパーティーなどの婚活イベントには様々な人が来られています。婚活イベントにも関わらず、…

お見合いパーティーなどの婚活イベントにはいろいろな方…

お見合いパーティーにはいろいろな方々が来られています。婚活イベントにも関わらず、結婚相手ではなく女友達や合コンをする相手を見つけに来た方もいますし、本気で、本来のイベントの意図に沿って交際相手や結婚をする相手を求めている方も複数いらっしゃいます。女友達や合コンをする相手を求めている場合は、先の婚活につながることもあります。しかしながら、中には真摯に付き合う気など全くなく、今日1日だけの遊ぶ女性を探しているケースも残念なことにあるそうです。私がイベントで出会った男性の中に、「今夜どうですか?」と開口一番に聞いてきた男性がいました。とっさに「は?」と聞き返しましたが、彼は「夏なので解放された気分だから、女性もそういう気持ちで来ている方が必ずいるはずだと思った」ということでした。正直、ドン引きしてしまいました。私は当然お断り申し上げたのですが、私を誘ったその男の人は最後にはめでたくカップルになっていたので、参加していた女性の方にも本当にその男性が話したような考えの人がいたということです。このことは、大変驚いた経験でした。

婚活では、相手の誠実っぽい雰囲気や、見た目の真面目な雰…

婚活をするにあたって、誠実っぽい雰囲気や、真面目であるかどうかなどが大事なことであると考えられがちですが、実際には、そうでもないようです。婚活でするパーティーを体験してみたら、実際には、会話スキルが重要で、話が楽しく絶えず笑わせてくれるような相手を選ぶ傾向がある。男子なら、これまでまっすぐに真面目に生きてきただけの面白さを欠いた男性よりも遊び心のあるコミュニケーションスキルが高い男性のほうが異性からの反応が良い傾向にあります。また、女性の場合になると、清楚で控えめな人が理想なんて男性は判断していますが、なんでも程々がベストです。というのも、遊びのあの字も知らないタイプの女性にはこれっぽっちも面白みを感じないからなのです。男女どちらの場合も、とにかく楽しく話しができる人でいることが婚活では有利になると意識しておきましょう。

婚活(結婚活動)では、パートナーに求める条件としてお金なんかより愛情が大切!

結婚活動において、結婚を考えたとき、相手に何を求めるかと聞かれたときお金以上に愛情が大事なんて言う人がいますが、現実には、プロフィールで最初に気になるのは顔なんです。次に年収、次に職業。それを裏付けるように、見た目の悪い人、は婚活では人気が全くありませんし、年収が500万以下の男性の場合ですと、女性との出会いのチャンスが少なくなります。職業に関して女性の場合ですと、若くもないのに家事手伝い、と記入すると、仕事をする気持ちが無い人、と見られて男性からは結婚相手としてはずされる可能性があります。こういった結婚活動で重視される事実を疎かにしていると、会って話をする機会すらなく、気がつくと何十連敗、、と最悪な状況に陥ってしまう事にもなりかねません。

看護師|「結婚を考えるなら、男性の胃袋を掴んだほうが良い」と格言のように言われていて、聞いたことのある人もいるとは思います。そして・・

「結婚を考えるなら、男の胃袋を掴んだほうが良い」と昔から言われています。そして、それは真実だと思います。その理由は、結婚したら、普通で考えれば、一緒に住むことになります。そうすると、言うまでもなく、一緒に食事をすることになるので、やはり料理するのが大好きで家事を率先してやってくれる女性が必要とされるからです。とはいえ、「あなたはどのような料理が得意ですか?」と男性に尋ねられた場合、パスタ・カレーライスと返答するのは控えるべきです。男性大半は、パスタを軽い食事程度と感じています。そしてまた、カレーライスに関しては答えがありきたりで、市販のルウは使わない、ぐらいでないと得意料理に挙げられても男性からの印象もあまり残りません。「どんな料理が得意ですか?」と男性に聞かれた際、お勧めの料理は親子丼。気取ったメニューでもないですし、家庭的な雰囲気がありながら、きれいに仕上げるのが意外に難しいメニューでもあります。そのため、料理の上手な女性だな、と思ってもらうことができますし意外にも男性ウケする一品でもあるのです。実際に美味しく作れるように練習して、婚活に備えてみましょう。

初めて結婚活動目的で開催されるパーティーに参加した時、…

結婚活動でやっているパーティーに初めて出席した時、大失敗をしでかしました。当時は、婚活を始めたばかりで結婚活動が目的で行われるパーティーの雰囲気などもわからず、一緒に結婚活動パーティーに行くと約束した友達とも当日のファッションの打ち合わせをしないまま何も考えないで出席したのです。会場に入り周囲を見回すと、会場内にいる女性はみんな、スカートやワンピース、パンツでも女性らしい柔らかい雰囲気をまとっています。その点、私の服装はというと芸人のカズレーザーさんみたいな真っ赤なトップスに真っ赤なパンツといったいで立ちです。それから、アウターには黒のライダースジャケット、足下には黒いブーツとハロウィンパーティーみたいな組み合わせ。当たり前ですが、そんな私は会場では別世界にいるような感じで、誰ともまともに話をするチャンスすらないまま、イスでたった1人で座り、何もできないままパーティーを終えました。今でも、思い出すと恥ずかしいですし正直、人生でこんな恥ずかしい思いは2度としたくありません。この失敗を生かし、婚活で行われるパーティーに参加するときは、服装の打ち合わせを友人とするようにしています。