看護師|就職するため仕事探しをする場合に特に注意すべき募集内容…

就職のため仕事探しをするときに気を付けて欲しい求人内容は、…

  • 転職のため仕事探しをする際に気を付けるすべき求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長いというものです。こういった案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を入れて告知している場合が非常に多いです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間という感じで求人の記載内容に時間の併記がされています。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、事前に給料形態に残業代を含んでおくという仕組みです。(注・違法ではありません)もしも『みなし残業代20時間込』と書いてあれば「記載時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という話になるわけです。でも、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』という言葉がないこともザラですので充分に注意を払っておきましょう。
  • 看護師|転職候補に挙がっている会社の会社見学ができれば、とても参考になります。

  • 転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、良い勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるので楽しいものです。が、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ゼッタイに見学者には、普段の仕事現場を見せてくれることはまずありません。例を挙げるとずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。この分野では、個人のプライドが強いので実際に入社してみないと、実際の姿はわかりません。そのため、見学内容がそのまま仕事、と解釈しないことが無難です。ましてや、見学時に実際に仕事体験ができる会社はとてもキケンですし、気を付けるべきです。雇用契約を結んでいない人間には、仮にトラブルが発生してもそれに対する保証が一切ないため、進められても丁重に断っておくようにしましょう。
  • 昔から「石の上にも三年」という諺もありますが、現・・

  • ”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」が死語となりつつある現代では「転職」は決して珍しいものでなくなっています。そうではあるものの、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、うかつに仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に再就職しようと考えるなら、まずは良い時期を図る必要があります。初歩として、現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について何が不服なのか、何が不適なのかを少なくとも5、できれば10個ほど、紙にリストアップしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、転職を決断することです、そして、未来の展望が拓けたのなら、できるだけ手早く、よりキャリアアップできるように、努めることも大切です。
  • 『転職したい!』と思っている人のなかで、自分の意志が固いなら・・

  • 『なるべく早く転職したい!』と思っている人で自身の意志が本当に強いものであるなら、退職したいということを即、上司に伝えておきましょう。しかし、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、場合によって言いくるめられる可能性が高いので要注意です。また、実際、私も上司へ転職相談をしたのですが、退職を引き伸ばされてしまい、結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。辞職することをはじめに、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、実際では数ヶ月働いて辞められたのはその年の11月です。希望では年度末を契機にやめようとおもったのに、希望通りにはいきませんでした。やはり会社サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、さすがに会社や上司に対して困ってしまいました。
  • 転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

  • 近年の転職事情では、政治による影響が出始めています。安倍総理が主導する現内閣によって、アベノミクスや「三本の矢」などの新たな経済政策を打ち出し、日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界や民間企業間においても今までにない変化が具現化されてきています。そのこともあり民間企業の側でも若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が大きな社会問題になっています。ここ何年かの間で「外国人労働者」の割合を今以上に高めていくであると現内閣は宣言しています。国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって国内の雇用状況や転職事情も大きな影響が出てくるはずです。