就職活動において、必ず話題になるのが年収です。

就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

  • 転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。面接時には、現職の年収と希望年収は必ず聞かれます。ここで年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。なお、今の年収が400万円の人が、転職して500万円となる可能性はよほどのことがない限りありません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに退職を余儀なくされるおそれもあるので、注意しましょう。
  • 雇用期間にあるときは、出来るだけ社内の人間にバレないよ・・

  • 就労期間中なら、できたら、周囲に気づかれないように、(自身の例ですが)前職中に「転職するかも」という気持ちのみを早い時期に会社内で知らせたことがありました。ですが、それから、求人をあれこれ見ていったものの、予想に反して働く先や転職するタイミングさえも計画も立てずに進めていたので、ダラダラ時間を空費する結果に。そして会社の方も業務の引き継ぎ、諸々の手続き、退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、本末転倒な状況になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たのち、次の就業先を探すハメになりました。
  • 看護師|このところ私は派遣会社で働いています。

  • このところ私は派遣会社を通じて働いています。ウェブサイトの中でふと自分にぴったりの仕事を見つけ確認してみると「その仕事はすでに他の人でお話が進んでいます」とお断りされて瞬間的にサイトからお仕事の情報がなくなるのですが、その次の日にはまた載っています。これって結局は私だとよくないのだっていうことですよね。そうであれば最初から変に隠さないくらいではっきりと言ってくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。それとももしかすると存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?
  • 20代で転職を2回した為、いまは資格を手に入れたいの…

  • 私はこれまでに20代で転職を2回した為、そして現在、資格を取得したいので派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務ではないので給料は安いのですが、しかしその分、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生のうちに資格を手に入れて、仕事をできる人はとても少ないです。やはり、きちんと資格を活かしている人を見ると羨ましいと感じたりもします。昔は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、悩んでしまうこともありました。今では結婚を経験し、がらりと生活環境も大きく変化し、以前よりもその中で将来の目標も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。
  • 看護師|私が求職中のころ何社かの人材紹介会社に登録していのだ・・

  • 私はかつてかなりたくさんの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーのレベルが本当に多種多様でたいていの場合、物足らないと感じるアドバイザーでした。私にとってはかなり重要なことなのにもっと思い入れを込めて臨んでほしいという落胆した気持ちが積もり積もってそのことが契機となって私はキャリアカウンセラーになろうと思い立ちました。キャリアカウンセラーとして働くための資格を取得するのにお金も必要だったし勉強に関してもとても大変ではありますが、求職中の人から頼りにされる存在になるべく頑張っています。