お見合いパーティーなどの結婚活動イベントの場では絶対…

お見合いパーティーにおいては絶対プロフィール(自己紹介)カードが手渡さ・・

  • お見合いパーティーにおいては絶対プロフィール(自己紹介)カードが手渡され、一人ひとり前もって記載するのですが、それが、話の話題作りの材料になります。ですので、他の参加者と似たようなことをついうっかりと書いてしまうと、相手に与える印象が薄いばかりでなく他の方とごちゃごちゃにされる可能性すらあります。以前、私が男性からあとでものすごく称賛されたことがあって、得意料理が他の人と被ることなく珍しかったと言われた時があったんです。肉じゃが、ハンバーグ、グラタンなどといったものはとても印象が良いですがそういった料理は、他の女性と被りがちです。私の場合度々「チンジャオロースー」「ナシゴレン」など、食べ物を作るのに慣れている人しか作らないような、ちょっと難しめのメニューの名前を記載していました。料理を作ることが得意であることを売り込みたいならば、あなたの本当の得意料理よりも、相手にどう印象づけるかも考慮してからより印象付けられるものを書いた方がベストな方法でしょう。
  • 結婚活動を取り組む中で、ふと、「どんなファッションをするべきか・・

  • 結婚活動を真摯に取り組んでいると、ふと、「どういうコーディネートがベストなのだろう?」という壁にぶち当たりますよね。もしも、服選びのセンスに自信がないのなら、キレイなショップで「マネキン買い」されるのをオススメします。というのが、ショップのマネキンが身につけている服装のコーディネートは、ファッションのプロが考えてしっかり選んでいるので、大きく外れるリスクがない、と言えるからです。万人に受け入れられる好感度アップを狙えるコーデの場合がほとんどなので、婚活用の服装に関して困っているのなら、上から下まで「マネキン買い」で雰囲気を掴み、また同時にファッション雑誌などを見たりして、(ファッション誌に頼るだけでなく、通勤途中や電車で見かける人たちの服装を見たりしていてもコーディネートの勉強になるし、刺激になります。)センスを磨き、楽しく結婚活動してください。
  • 看護師|40歳以上の人が、結婚する相手を見つけられない、そのせいで結婚できない、は…

  • 40をを過ぎても、結婚相手を見つけられない、そのせいで婚できないというのはウソ。40歳を過ぎた人だろうが、本当に結婚したいという気持ちがあり、結婚活動で断られてもめげない人であればいつかは結婚の可能性はあると思います。その年齢まで残っている人たちは、それぞれがいろんな経験をしていることもあって、結婚相手の性格は、こうあるべき、また、年収はいくらで、ルックスはあれっぽく、、、と希望条件を色々と決めつけてしまうことが原因になっているケースが多々あります。つまり、自分の固定観念によって、結婚のチャンスを潰しているわけです。それに加えて、40を超える独身の男女は、一人でいる期間が長いこともあり自覚はなくとも楽をしたいという気持ちもあって、知らず知らずに相手に対して求めることも高くなってしまうのです。自覚はないかもしれませんが、客観的に見てみれば、「高望み」しているだけかもしれません。
  • 看護師|もしもあなたが、婚活でするデート用に新しくバッグを買う場合は・・

  • もしもあなたが、結婚活動のためのデートのために新しくバッグを買うなら、小型のトートバッグにしておきましょう。小型のトートバッグは高級な感じが出にくく、デザインも上品ながらフォーマル過ぎず、色々なスタイルに通用するマルチな適用力の高さが魅力といえるアイテムです。それに加えて、収納力も優れていて、1日のお出掛けに、外出に必要なものはしっかりとカバーできます。しかし、クラッチバッグのようなコンパクトなバッグはオシャレさはありますが、必要最低限のものしか持てないのが弱点となります。婚活デートにおすすめのトートバッグは、色もシルエットも豊富に存在するので、婚活が目的のデート用に用意しておきましょう。
  • 婚活でするイベントというと、普通なら男性は波長の合う女性を見つけるために参加・・

  • 結婚活動でするイベントというものは、普通なら男性は波長の合う女性を探しに来て、また、女性のほうは男性をゲットしに来るというのが前提になっているはずです。しかし、驚くべきことに、ごくまれに同性に声を掛けられることがあります。なぜかというとそういうタイプの人はひと目で見て、異性に関心がある感じの目線ではないので、こいつは結婚相手を見つけに来ているわけではなく同性の相手を見つけに来ているんだなと(婚活の場なのに・・・)はっきりと確信する時がある。稀なことですが、実際、過去に1~2組、目にしたことがあるが、その人は、異性と会場を出ていくのではなく、同性の相手と会場を出てそのままラブホテルに入っていくのを目にしました。そういうことも、稀ではあってもあるので探しているのは異性だけでないことに注意してください。