看護師|もしも転職前、今働いている会社の人たちがあなたの転職を知る・・

看護師|もし転職することを、今の会社にいる人たちがそのことを知ってしまうと…

もしも転職前、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと、職場の空気が一変するかもしれません。働く環境次第では、問題はないこともありますが、意地悪される可能性もあります。加えて、残業を押し付けられたりすることもあるので、安易に「転職します」と口にするのはお勧めしません。上記のトラブルを避けるために、今の職場では、真面目に仕事をしておきましょう。充分に警戒しておけば、良い空気をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を去ることが出来ます。さらに、円満退職になれば、転職後、相談できるチャンスにも恵まれるはずです。業界に関係なく、どのような企業であっても、人とのつながりはとても大切であるため、会社を辞める時のトラブルは、できるだけ回避しておきましょう。

転職をしようとする際に絶対に書かなければいけない履歴書などに関してです・・

再就職する場合絶対に準備しないといけない履歴書や職務経歴書などについては、原則的には自筆ではなく、パソコンを使って作るのが主流です。現在の日本では履歴書や職務経歴書についてはペンを使って作成するというのが常識と捉えられていることも多々あるようですが、それは新卒の人の就活やアルバイトの際に用意する履歴書であって、転職のケースは履歴書は100%パソコンで書いたものは駄目とはっきりとは言えません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を高く買う場合もありますけど、そうではない企業がずっと多くなってきているので、自筆の履歴書や職務経歴書でなくてもよろしい場合はかなりあるのです。

看護師|ある会社に派遣されて働いています。

派遣として働いています。派遣法や労働契約法の関係でやむを得ず、ずっと働いていた就業先での勤務があと数か月で終了します。派遣の仲間の中には、派遣先の会社から正社員のポストを手に入れた方もいるのですがそれは正直なところ仕事の能力というよりは派遣先上司へのあしらいが得意な人でそれで採用された様子。仕事のスキルよりおじさん転がしスキルの方がいるんだねーと抜擢されなかった他の派遣仲間と派遣先の会社でいつも愚痴っています。

看護師|転職の時の面接で着るビジネススーツの色においては、新卒の学生が就職活動・・

転職時の面接でいるビジネススーツのカラーについては、新卒の就活の時に準じた色が一般的となっています。言い換えると、紺系や黒系のような暗い色になるわけです。それが、転職の面接でも、着用するビジネススーツの色合いは黒系や紺系のダークカラーが圧倒的な数を占めていて、黒色や紺色以外の色の人はほとんど見ることはありません。強いて言えば、グレーを着ている人がいるくらいで、一般的には紺系や黒系のスーツが圧倒的に多いのです。ですから、面接を行う人事部から見ても黒や紺のスーツが普通に感じます。ですから、見た目の印象という観点ではおすすめということになります。

転職にも理想通りの成果があがるかどうかはわかりません。

再就職を目指そうとしても、何もかもが首尾よく運ぶ確証はどこにもありません。それは可能ならできれば早い時期に行動に移すほうが良いでしょう。たいていの場合、30代前半まではかなり有利に働きますが、30代後半~40代に入ってしまうと転職活動は、だんだん厳しくなってしまいます。管理職などに就いているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社に留まることも選択項目に含めておくべきです。つまり、会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、現在の会社に籍を置いたまま転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が良いでしょう。