看護師|転職のための活動中はとにかく、なにはともあれ必ずあな・・

看護師|転職のための活動をしているときは、最初に何よりも自・・

  • 転職の活動中はとにかく、何よりもあなたの心のうちが沈着であるということを意識しましょう。まだ会社を辞めないで転職をするための活動される場合は、それほどにはそうでもありませんが、退職をした後にする際には、かなり焦りがちになってしまいます。なので、冷静に活動してみましょう。将来、あなた自身でしてみたい仕事や、自分が働いてみたい職場のイメージを明瞭化しておきましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているか、再度、冷静になって見極めましょう。この手間を掛けることで良い転職先が見つかりやすくなります。

  • 看護師|近いうちに転職予定がある人で、次までの仕事にまだ期間がある方・・

  • 転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは今働いている所属する会社がもし「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を手にできます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、今の会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちにもらえる場合もあります。このとき、もらえる「失業手当」の金額については、最後となる月の給料を基準にして手当の額を算出されるので、現在の会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

  • 看護師|女性が転職するに当たって、数年前と現在とは少し変化が見受けられます。

  • 女性の再就職に関しては、今現在と数年前では多少の変化があるようです。前は面接の際に、結婚観や結婚後の仕事などのことに関して、ごく普通に質問されることが多々ありましたが、現在の流れとしては、そういったデリケートな内容は「セクハラ」として扱われるのを恐れ、聞かない会社、の方が増加傾向にあります。そして、世間に名の知れた大きな会社ほど、NG質問として神経質になっているといいます。けれども、面接する側ははい・いいえ、の2択ではなく、その人の価値観結婚後も働きたい、出産後の細かい予定を把握しておきたいとは思っているはずです。自分自身の人生設計をわかってもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと並行して話すことで相手側も考えがわかり、また、疑問も解消できると考えます。そういうわけで、聞かれてない箇所についても、こちら側から積極的に答えておくとよいでしょう。

  • 再就職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を差し出してきた場合、…

  • 再就職の時の面接などの際にもし面接担当者に名刺を渡された場合、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきであるのか?ないのか?と迷ったときは、普通一般的には渡さないもの、と覚えておきましょう。面接というものは仕事の一環ではなく、職を得るための採用活動の一部です。ですから大方は名刺をやりとりする時ではありません。さらに、あなたは会社の者としてではなく、あなたのことでそこにいるわけです。したがって、相手から名刺を差し出されても、こちらは、ただ受け取るだけで問題なくて、担当者に相手に渡す責任は必ずしもないと考えられます。

  • 看護師|長期間接客関係で勤務を続けてきましたが、歳をとるにつ・・

  • 長期間接客関係で働き続けてきましたが、加齢が原因か立ったままの仕事は体力的に耐えられないため、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを第一目標として動きました。事務未経験となるとなかなか難しくて、接客の経験も活かすことができる受付兼医療事務をしたいと資格を取得して個人医院に転職することができました。周囲は超ベテランの先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜のシフトばかり押し付けられて、接客業で働いていた時より帰る時間も遅いのですが、今はキャリアの形成時と考えて我慢します。